脚痩せの原因が脂肪太りである場合にはダイエットを併用して実践

脚痩せの原因が脂肪太りである場合にはダイエットを併用して実践



脚痩せの原因が脂肪太りである場合にはダイエットを併用して実践ブログ:2014年02月10日


昔は、やせていてキレイな肉体のラインであっても、
年を重ねるに連れて、太っていくという人は少なくありません。

これといってご飯の量を増やしているわけでもないのに太る…
という方もいらっしゃるでしょう。

なぜ、今までと同じご飯量であっても、
年をとると、徐々に太っていくのでしょうか?

加齢と太る現象をつなぐカギは、筋肉にあるようです。

筋肉というのは、
一定の年齢に達すると
徐々に減少していく性質があるんだそうです。

多少の個人差はありますが、
27歳前後をピークとして筋肉の量は減ってしまうらしいですよ!

普段、体操不足気味という人は、
筋肉がどんどん減っていってしまうのです。

一日中ごろごろして、まったく体操をしないと、
筋肉は、約0.5%程度減少してしまうといわれています。
かなりのハイペースといわざるを得ませんよね。

筋肉は、おいらたちがご飯で摂取するエネルギーの多くを
消費してくれる役割があります。

ということは、筋肉の量が減ることによって、
消費されるカロリーの量も自然と減ってしまうのです。

ですから、まったく今までと同じご飯量であっても、
徐々に太ってくるというわけなんです。

なので、太ることを防ぐためには、
筋肉の量が減らないように、
常に肉体を動かすように心がける必要があります。

将来的にも肉体のラインを維持したいというなら、
25歳を過ぎたあたりから、
肉体を動かすという習慣をつける必要があるんです。

そうすれば、きついダイエットをすることもなく、
肉体のラインを維持することができるはずですよ!

応援クリックしてね・・・プチ
脚痩せの原因が脂肪太りである場合にはダイエットを併用して実践

脚痩せの原因が脂肪太りである場合にはダイエットを併用して実践

★メニュー

バストアップエクササイズを毎日継続することでバストアップを自然に実現
何歳になっても美しくスリムな体型で過ごしていきたい
冷え性の人は基礎体温が低下している傾向にある
脚痩せの原因が脂肪太りである場合にはダイエットを併用して実践
フェイスリフトアップ手術ではたるんでしまった顔を引き締める
20代後半でシミや小ジワの悩みが始まってしまう原因
美しい素肌が作られることとなる時間は夜
医師選びやクリニック選びは非常に重要なポイントとなる
睡眠は身体を健康に維持するために大変重要なもの
日本人女性ではかなり多くが真っ直ぐな足では無いという傾向にある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)あなたの為の美容お役立ちサイト