脚痩せの原因が脂肪太りである場合にはダイエットを併用して実践

脚痩せの原因が脂肪太りである場合にはダイエットを併用して実践



脚痩せの原因が脂肪太りである場合にはダイエットを併用して実践ブログ:2016年01月31日


みなさんは、腹筋トレーニングをすると、
腹周りの脂肪がなくなって、
腹がへこむと思っていませんか?

実は、それは大きな勘違いなんです。

腹筋トレーニングを連日続けていると、腹筋がつくので、
確かに腹が引き締まったように見えます。

しかし、
引き締まって見えるのは、あくまで腹筋がついたからであって、
気になる皮下脂肪は、
残念ながらそのまま皮下脂肪として腹に残っているのです。

腹周りに限らず「脂肪」というものは、
筋肉を動かすためではなく、エネルギーを溜めておくために存在しています。ですから、腹筋を使ったからと言って、
その周りを覆っている脂肪も一緒に使っているわけではありません。

また、腹筋トレーニングは、
脂肪を燃焼させるためのトレーニングでもないんですよね。

脂肪燃焼に効果があるトレーニングと言えば有酸素トレーニングですが、
腹筋トレーニングは、この有酸素トレーニングには属しません。

腹筋トレーニングのようなすぐに終わってしまうトレーニングでは、
脂肪ではなく筋肉に蓄えられている
炭水化物やグリコーゲンが使われてしまうのです。

「じゃあ、がんばって腹筋トレーニングしても意味がないんだ…」
と思われるかもしれませんが、決してそうではありません。

腹筋が衰えてくると、
内臓の重みで腹がぽっこりと出っ張ってきますし、
ギックリ腰などの腰痛の原因にもなります。

しかし、腹筋をつければこれらを防ぐことができますし、
引き締まった美しい体質を手に入れることもできます。

また人間の体質は、
常に動かしているところには脂肪がつきにくいようにできています。
ですから、きちんと腹筋トレーニングを続けていれば、
腹の周りに皮下脂肪はつきにくくるのです。


脚痩せの原因が脂肪太りである場合にはダイエットを併用して実践

脚痩せの原因が脂肪太りである場合にはダイエットを併用して実践

★メニュー

バストアップエクササイズを毎日継続することでバストアップを自然に実現
何歳になっても美しくスリムな体型で過ごしていきたい
冷え性の人は基礎体温が低下している傾向にある
脚痩せの原因が脂肪太りである場合にはダイエットを併用して実践
フェイスリフトアップ手術ではたるんでしまった顔を引き締める
20代後半でシミや小ジワの悩みが始まってしまう原因
美しい素肌が作られることとなる時間は夜
医師選びやクリニック選びは非常に重要なポイントとなる
睡眠は身体を健康に維持するために大変重要なもの
日本人女性ではかなり多くが真っ直ぐな足では無いという傾向にある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)あなたの為の美容お役立ちサイト