冷え性の人は基礎体温が低下している傾向にある

冷え性の人は基礎体温が低下している傾向にある



冷え性の人は基礎体温が低下している傾向にあるブログ:2017年09月22日


昨日は、なかなか寝つかれませんでした。

大勢の人たちは、
根本的に減量を勘違いしています。

「美しくなる=減量=食べないこと」と
勘違いしている人が少なくないのです。

美しくなるためにはやせなければいけないと考え、
やせるために無理な食事制限をしている人が多い…

「減量とはとにかく食べないことだ」
それだけに一点集中してしまうのです。
これがいけないのです。

まず、急に食事制限をすると、元気がなくなります。
顔は青白くなり、元気も出なくなり、魂が抜けたようになります。

学生であれば勉強が頭に入らず成績は落ち、
社会人であれば仕事をする元気が出なくてミスをしてしまいます。

食べない減量をある程度続けることで、
目標の数値までやせられたとしましょう。

しかし達成できたとたん、ため込んだストレスをはき出すかのように、
ガバッと食べてしまうのです。
そうしてリバウンドして振り出しに戻る…という結末。

なぜこれほど具体的にわかるのかというと、
おれ自身が何度も経験したことだからです。

思春期は、特に人目を気にする時期で、
何度も減量に挑戦をしては失敗を繰り返しました。
特に、はまったのは高校を卒業した時期でした。

おれに限らず、周りの父親も
過去に何度か減量を経験している人がいました。
女性ばかりと思いきや、男性にも多いのです。

しかし話を聞くと、
なぜか成功している人よりも失敗している人のほうが多い!
おれもそのひとりでした。

その失敗する減量に限って
「食べない」という方法に頼るものだったのです。
みんな同じようなことを考え、同じような失敗をしていたんです。

みなさまも、そんな失敗経験はありませんか?

くれぐれも、食べない減量はやめてくださいね!

おしまい!!!
冷え性の人は基礎体温が低下している傾向にある

冷え性の人は基礎体温が低下している傾向にある

★メニュー

バストアップエクササイズを毎日継続することでバストアップを自然に実現
何歳になっても美しくスリムな体型で過ごしていきたい
冷え性の人は基礎体温が低下している傾向にある
脚痩せの原因が脂肪太りである場合にはダイエットを併用して実践
フェイスリフトアップ手術ではたるんでしまった顔を引き締める
20代後半でシミや小ジワの悩みが始まってしまう原因
美しい素肌が作られることとなる時間は夜
医師選びやクリニック選びは非常に重要なポイントとなる
睡眠は身体を健康に維持するために大変重要なもの
日本人女性ではかなり多くが真っ直ぐな足では無いという傾向にある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)あなたの為の美容お役立ちサイト