何歳になっても美しくスリムな体型で過ごしていきたい

何歳になっても美しくスリムな体型で過ごしていきたい



何歳になっても美しくスリムな体型で過ごしていきたいブログ:2015年01月11日


俺たちの俺って、
血液中のブドウ糖の濃度が低い時(血糖値が下がった時)に
「腹がすいたなぁ~」と感じ、
食べ物を食べて血糖値が上がると、
「腹がいっぱいになった」と感じるように
できているんですよね。

だから、
腹がすいているのに我慢していると、
血糖値が下がり過ぎちゃうので、
ごはんを食べる時、ついつい食べ過ぎてしまうんです!

そこで俺は、
ごはんの前に腹がすいてしまったら、
飴を一つ舐めるようにしています。

飴は比較的カロリーは少なめなのに、
早めに分解されて血中に取り込まれるので、
血糖値も安定して、
腹がすき過ぎるということを回避できるんですよね。
結果、食べ過ぎも防ぐことが出来るのです。

ダイエット中は、
甘いものなどのおかし類は厳禁と思われがちですが、
これらもうまく利用すれば、
逆にダイエットに役立つというわけですね。

また
我慢だけのダイエットで、
ストレスが溜まりがちになるのも避けることが出来るんです。

ストレスが溜まり過ぎると、
満腹感を得ることが出来にくくなり、
ごはんの食べ過ぎにつながったりします…

無理に我慢せず、おいしいものを食べると満腹中枢を刺激して、
食べ過ぎを防ぐことも出来るのです。

おいしいものを食べたり、好きなものを食べたら、
次のごはんは少し意識的にカロリーコントロールする…
と言ったふうに、
ただ闇雲に我慢するだけでなく、
トータルで帳尻を合わせれば、それでいいのです。

とりあえず、
飴はダイエットの強い味方ですよ!

読者様も、是非お試しくださいね!
何歳になっても美しくスリムな体型で過ごしていきたい

何歳になっても美しくスリムな体型で過ごしていきたい

★メニュー

バストアップエクササイズを毎日継続することでバストアップを自然に実現
何歳になっても美しくスリムな体型で過ごしていきたい
冷え性の人は基礎体温が低下している傾向にある
脚痩せの原因が脂肪太りである場合にはダイエットを併用して実践
フェイスリフトアップ手術ではたるんでしまった顔を引き締める
20代後半でシミや小ジワの悩みが始まってしまう原因
美しい素肌が作られることとなる時間は夜
医師選びやクリニック選びは非常に重要なポイントとなる
睡眠は身体を健康に維持するために大変重要なもの
日本人女性ではかなり多くが真っ直ぐな足では無いという傾向にある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)あなたの為の美容お役立ちサイト