日本人女性ではかなり多くが真っ直ぐな足では無いという傾向にある

日本人女性ではかなり多くが真っ直ぐな足では無いという傾向にある



日本人女性ではかなり多くが真っ直ぐな足では無いという傾向にあるブログ:2016年12月22日


よくダイエット中は
ご飯の回数を減らしたほうがいい…
と考えている方がいますが、
それは大きな誤解です!

ダイエット中だからこそ、
一日3食食べたほうがいいんですよ!

どうして一日あたりの食事の回数を減らすのが、
ダイエット上よくないのかというと…

例えば、
ご飯の回数を一日2食に減らしたとします。
こうすると普段より1食少ないので
それだけで痩せた気になります。

しかし実際は
他の2食のご飯量が多くなってしまったり、
1食抜いた安心感から間食をしてしまったり…
結局は一日トータルの摂取カロリーは
普段より多くなってしまいがち…

また、
一日の摂取カロリーが一緒なら、
2食よりも3食で摂取したほうが
体脂肪ははるかにつきにくいといわれています。

それは
ご飯とご飯の間があくと、
からだの中に栄養分を蓄えようとするからです。

つまり、
ご飯が不規則だったり回数が少ないと、
いつ次に栄養を摂れるか判らないと判断しているんですね。

なので、
一日1800カロリーなら、
900カロリー×2食で摂取するよりも、
600カロリー×3食で摂取したほうが
からだに脂肪がつきにくいってことになるわけです。

「10時はどうしても食べる気にならない」っていう人も、
ヨーグルトやシリアルといった軽いものでいいので
食べるようにしてみてくださいね。

こうするだけで、
からだに脂肪がつきにくくなるので、
結果としてダイエットも上手くいき、
リバウンドの反動も少なくて済みますよ!

10時、少し早起きをして
ごはんを食べるようにするだけで、
ダイエットの成功率がアップする上に、
一日をスッキリした気分で過ごす事が出来るなんて
まさに一石二鳥ですよね!


日本人女性ではかなり多くが真っ直ぐな足では無いという傾向にある

日本人女性ではかなり多くが真っ直ぐな足では無いという傾向にある

★メニュー

バストアップエクササイズを毎日継続することでバストアップを自然に実現
何歳になっても美しくスリムな体型で過ごしていきたい
冷え性の人は基礎体温が低下している傾向にある
脚痩せの原因が脂肪太りである場合にはダイエットを併用して実践
フェイスリフトアップ手術ではたるんでしまった顔を引き締める
20代後半でシミや小ジワの悩みが始まってしまう原因
美しい素肌が作られることとなる時間は夜
医師選びやクリニック選びは非常に重要なポイントとなる
睡眠は身体を健康に維持するために大変重要なもの
日本人女性ではかなり多くが真っ直ぐな足では無いという傾向にある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)あなたの為の美容お役立ちサイト