睡眠は身体を健康に維持するために大変重要なもの

大手通販サイトの楽天やアマゾンなどでは様々な美容対策アイテムが販売されており、ランキングも公開されています。
またランキングだけではなく利用者からの書き込みも参考になりますので、まずは確認しておくことが大切です。 睡眠の質が良くなかったり、さらに睡眠不足に陥ってしまうことで身体に疲労が溜まった状態が続いてしまいますと細胞が酸素不足となってしまいます。
身体というのは酸素不足となった細胞にとにかく酸素を送り込んであげようと血管を拡張させ血流量を増やそうとしているのです。
睡眠は身体を健康に維持するために大変重要なものですが最近の若者は睡眠を上手にとることが出来ていないのが現状です。
実はこの睡眠というのは、脚痩せに大きな関係があるということをまずは覚えておくようにしましょう。

 

睡眠不足となってしまうと静脈からの水分供給が追いつかなくなってしまい、余分な水分が皮下組織に溜まってしまいます。
これがむくみの原因となり、足を太くさせてしまう大きな原因となっているのです。



睡眠は身体を健康に維持するために大変重要なものブログ:2018年10月21日

下腹がポッコリと出ていると
とっても気になりますよね。

スリムなパンツやスカートを
かっこよく着こなすためにも
下腹を引き締めるための簡単ダイエットを
連日の生活に取り入れましょう!

特に下腹って年齢とともに脂肪がつきやすく、
ポッコリしたお腹になってしまうものですね。

中年太りの象徴ともいえる下腹の脂肪!
一般的には腹筋体操が効果的といわれていますが、
より効果的に行うためには、
呼吸法なども取り入れた体操を行うと良いでしょう。

また腹筋体操と食べる事療法などもあわせて実践していくと、
より効果的に下腹の簡単ダイエットができちゃいますよ。

下腹の脂肪を落としてダイエットするためには、
下腹の筋肉だけではなく、
わき腹の筋肉も鍛えることがポイントになります。

わき腹に脂肪がたまってくると、
お腹全体に脂肪がついたようになり
大きく見えてしまいますね。

下半身…
特にお腹周りをすっきりと見せるためには、
下腹を引き締めると同時に、
わき腹も鍛える必要があるんです。

下腹なら腹筋で鍛えられそうだけど、
わき腹ってどうやって鍛えればいいのか…
難しいですよね?

そこで、私が実践している
わき腹ダイエット法を紹介しますね。

仰向けになって、
両手を脇腹にあててあごを引き、
背中を丸めて右の肘を左の膝に近づけるよう、
側腹筋の収縮を意識しながら軽くひねります。
左ひねり、右ひねりを交互に行い、
左右10回を1セットとして、
それを連日3セット行うだけ!

わき腹って普段使わない筋肉ですから、
これだけのストレッチでもダイエット効果が抜群ですよ!

え?もう時間だ。やべ、仕事行ってきます〜